自分を変えるために、あなたが今スグできること

癖や悪習慣を直すための情報サイト

風邪を早く治すコツとは!?風邪をひいた1日めが勝負!!

      2016/01/22

つらい風邪を治すには?

風邪が長引いてしまって、何日もつらい症状に悩まされることってあると思います。
私が風邪をひいたら毎回やっている、

『風邪を1日で治す方法』

をまとめました。
ぜひ、試してみてください。

まずはじめに

風邪とは何か

風邪は、ウィルスによって、鼻腔や咽頭などが炎症を起こした状態のことです。

どういうことか?

ウィルスによって、鼻腔や咽頭などを起こしたら風邪ということです。
何のウィルスによるものかも特定はありません。
なので、風邪をひく度に症状が違うのです。

風邪は最悪、命にかかわることもありますので、早めに完治することをおススメします。

風邪の特効薬は無い

病院で処方される薬や薬局にも風邪薬が置いてあります。

しかし、風邪薬と呼ばれているものすべてが、症状を抑えるものです。

上記の通り、風邪は毎回症状が違いますし、特定のウィルスによるものではない為、特効薬は開発されていません。
というよりも、数100種類のウィルスに対応したワクチンを作ることは不可能なのです。
風邪の特効薬を発明したら、ノーベル賞をもらえると言われています。

人間の免疫力について

人間の免疫力は夜になると下がりやすくなります。

その為、日中は症状が落ち着いているのに、夜から朝にかけてまた症状が悪化し、辛くなるのです。
なので、風邪をひいてしまったらいかに免疫力が高い状態を保つかが重要になってきます。

風邪をひきやすい人とは?

筋肉質で消化機能の良い人は免疫力が強いと言われています。

痩せていても太っていても筋肉の少ない人や、すぐ便秘になってしまう人は風邪をひきやすい体質です。

また、夜には免疫力が下がりますので、夜型の人は要注意です。

笑うと免疫力が上がるともいわれていますので、笑わない生活や孤独に暮らしている人も免疫力が低下している恐れがあります。

口呼吸をする人は風邪をひきやすい傾向にあります。
鼻から息をする場合には、鼻毛があり、ある程度のウィルスが体内に入ることを防いでくれますが、口から呼吸するとそのまま直にウィルスが体内に入ってしまうため、風邪をひきやすくなるというわけです。

風邪を1日で治す方法

風邪に効く食べ物

1.風邪かもしれないと思った時点で安静にする

風邪は、ひき始めが肝心とよく耳にすると思います。
風邪をひいてすぐは、症状も落ち着いている場合がほとんどです。
初期症状のうちに治してしまえば、鼻やのどの炎症が悪化することもありません。

症状が悪化してからだと、免疫力も落ちていき、体力も奪われるため、長引いてしまうというわけです。

風邪かもしれないと思ったら、早めに家に帰り、安静にするようにしましょう。
間違っても、残業などをしないようにしましょう。
無理をして数日休んでしまう結果に比べれば、1日くらいの早退の方が良いでしょう。
早退するためにも、普段から周りとの信頼関係を保っておくことが必要になるかもしれません。

2.栄養のある消化の良い食べ物を食べる

食欲がないかもしれませんが、風邪を治すのには体力が必要になります。
そうなると、やはり食事は必要になってきます。

食欲のない人は、何でも良いので食べられそうなものの中で、なるべく消化の良いものを食べましょう。

私は、風邪かもしれないと思ったら、ネギの味噌汁を食べるようにしています。

ネギには、アリシンという殺菌効果のある成分が含まれています。

その成分が、風邪のウィルスが増えるのを抑えてくれます。

他には、ショウガがおススメです。

ショウガには、体を温めてくれる効果がある為、免疫力を上げることができます。

ビタミンCをとることも、風邪には効果があります。

ビタミンCには、白血球の機能を活性化させる効果があると、言われています。

ちなみに、白血球はウィルスを破壊する役割を担っている人間の防御システムです。
ただし、ビタミンCのサプリメントを飲んでもあまり効果は期待できません。
サプリメントにすることで、体への吸収率が半分になってしまうためです。
おススメは、レモンやみかんを食べることです。
果物には、免疫力をつけるポリフェノールも含まれているため、一石二鳥というわけです。

3.葛根湯を飲む

薬局に売っている葛根湯を飲みます。

葛根湯とは、漢方の一つです。

葛根湯は、体を温めてくれる効果があります。

体温が上昇すると、免疫力が上がるため、風邪を早く治すことにつながります。
風邪薬(症状を抑えるもの)も併用可能なものなら飲んでも良いでしょう。

しかし、風邪薬でも解熱作用があるものは、高熱が出ている時以外はやめておきましょう。

4.風邪薬と一緒に飲める滋養強壮ドリンクを飲む(重要)

風邪薬と一緒に飲める滋養強壮ドリンクを飲む

これが一番、重要です。

普通の滋養強壮ドリンクには、カフェインやアルコール成分が含まれているものがありますので、

風邪薬と一緒に飲めるものを選びましょう。

薬局に行けば、風邪薬と併用可能と書いてある物が買えるはずです。
わからなければ、店員さんに聞いてみましょう。

なぜ、これが重要なのかというと、人間の免疫力は、夜に下がってしまうことをお話ししました。

しかし、滋養強壮ドリンクを寝る前に飲むことによって、本来下がってしまうはずだった免疫力をそのまま強い状態で保つことができます。

免疫力が強い状態を保つことで、一気に体内のウィルスを殺すことができるのです。

1日で治す方法には、この滋養強壮ドリンクが欠かせないというわけです。

5.お風呂に入って体を温める

風邪をひいたら、お風呂に入らないという人がいますが間違いです。
高熱が出ている時以外は、しっかり体を温めるためにお風呂に入りましょう。

普段、湯船にあまり浸からないという人も、体をしっかり温めるために浸かることをおススメします。

体温を上げて、免疫力を高めるためです。

6.寒いと感じたら厚着をする

体温を上げることで体内のウィルスを死滅させます。

何度も言いますが、

体温が上がると、免疫力は何倍にも跳ね上がります。

首周りや背中、脇の下を温めると効果がありますので、試してみてください。

7.早めに就寝する

やはり、体が弱っている時に一番大事なのは、よく寝ることです。

1~6までをやっても、寝るのが遅くなってしまえば、効果がなくなってしまいます。

体が温かいうちに就寝することがポイントです。

寝ている間に、大量の汗をかくこともあると思います。
その時のために、必ず着替えを用意しておきましょう。
大量の汗をかいたということは、あなたの体温が上がり体内のウィルスが減っていっている証拠です。
しかし、汗をかいたままで体を冷やしてしまえば、また免疫力が落ちてしまいます。

体を高温に保ち続けることが重要になってくるのです。

着替えた後も、寒気が感じなるくらいまで着込んで、睡眠を続けましょう。

まとめ

いかがでしたか?

風邪に効く食べ物や早めの睡眠は、皆さんがよくやっていることだと思います。
しかし、普段より少し体に良いことをしても風邪は治りません。

重要なのは、免疫力を上げて、高いまま持続させることなのです。

その為には、お風呂、厚着、滋養強壮ドリンクを飲むということです。

滋養強壮ドリンクは、1000円くらいの物を選ぶと高い効果が望めます。

値段が高いと感じるかもしれませんが、病院へ行くことや何日も寝込むことを考えれば、かなり安上がりなのではないでしょうか。

風邪はこじらせてしまうと厄介です。
しかし、ひき始めにしっかり治してしまえば、それほど大変な病気では、ありません。
季節の変わり目や、冬は風邪が増えると思いますが、早めの対応を心がけ、健康な生活を送れるようにしましょう。

 - 健康