自分を変えるために、あなたが今スグできること

癖や悪習慣を直すための情報サイト

口が渇くドライマウスの原因と治す方法とは?

      2016/05/01

ドライマウスの危険性

ドライマウスは口臭の原因や風邪などの感染症にもかかりやすくなるなど、様々なリスクがあります。
また、口内炎や虫歯などの口腔内で起きているトラブルも、実はドライマウスが原因である可能性があります。

ドライマウスは歳を重ねるほど、なりやすい病気です。
歯科で診てもらうことも大事ですが、
まず、自分でできる自分でできる対策や原因を知ることが大切です。

ドライマウスの原因

ストレス

ドライマウスは、ストレスによって起きることがあります。

ストレスをがたまっていると唾液の分泌量が少なくなってしまう為です。
夜良く眠れない、朝起きた時に口が渇いている、悪い夢をよく見る、などの症状がある場合はストレスが溜まっている可能性があります。

ストレス発散やリラックス効果のあることを試してみましょう。
ストレス発散に最適なカラオケ

舌苔がついている

舌苔(ぜったい)は舌についている汚れのことです。
舌苔がついていると、口が渇く原因となってしまいます。

それだけでなく、舌苔は口臭の原因にもなりますので、適度に舌の掃除をするようにしましょう。
紅茶やコーヒーを良く飲む人は、舌に汚れが付きやすいのでケアをすることをおススメします。

薬の副作用

意外と知られていませんが、口の渇きが副作用にある薬は多いです。

風邪の診断に出される薬にも、花粉症の薬にも、消化器系に効く薬にも、口の渇きが副作用のものがあります。
自分の薬について良く調べ、もし病気が落ち着いているのであれば、薬を飲むのを控えることも必要かもしれません。

ドライマウスは様々な感染症に感染しやすくなる為、病気が落ち着いているのに副作用のある薬を飲んでいると、他の病気にかかってしまうリスクもあります。

口呼吸

口が渇く大きな原因に呼吸を口でしている可能性があります。

鼻がつまっている、無意識に口が開いている、歯並びが悪いなど、様々な原因が考えられます。
自分で気づいて直せるようであれば、意識して直すようにしましょう。

気づくのが難しいという人は、マスクをすると口呼吸になってしまっていることに気が付きやすくなります。

ドライマウスを治す方法

ドライマウス直すぞー

水分を良くとる

当たり前のことですが、口腔内の渇きを潤すには水分を良くとるのが一番効果的です。
ただし、利尿作用のある飲み物ばかり飲んでしまうと逆に口が渇いてしまいます。

コーヒー、アルコール、お茶類、などは利尿作用がありますので、気を付けましょう。
上記の飲み物が好きな人は、水や他の飲み物も飲むようにするとドライマウスを防ぐことができます。

飴をなめる

水分をとると、トイレが近くなってしまう。という人には飴がおススメです。
飴をなめることで唾液が分泌され、ドライマウスを防ぐことができます。

しかし、飴にもカロリーがある為、太ることが心配な人はカロリーオフやノンシュガーの飴を選ぶと良いでしょう。
また、飴をなめずに噛んでしまうという人は効果がないだけでなく、噛んだ飴が歯に詰まり虫歯の原因となってしまうので、おススメしません。

ガムを噛む

ガムを噛むことで、唾液の分泌を促し、ドライマウスを防ぐことができます。
それだけでなく、ガムにはストレスを抑える効果や集中力をアップさせる効果があります。

仕事や勉強で行き詰った時や疲れた時におススメです。

ただ、ガムを噛むという行為は印象が悪いため、場所が限られてきてしまいます。
また、キシリトールが含まれるガムを食べ過ぎると、お腹を下す原因になる為、注意が必要です。

食事をとる時によく噛む

食事をとる時に咀嚼を多くすることで、唾液の分泌を促すことができます。
また、咀嚼を多くすることで食べ物を消化されやすい状態で胃や腸に運ぶことができる為、内臓の負担も減らすことができます。

食事に時間をかけられないという人でも、なるべく時間をかけて食事をとるようにしましょう。

早食いには様々なリスクがある

リップクリームを塗る

唇が渇くことで口の締りが悪くなり、自然と口呼吸になってしまうことがあります。
口内だけでなく唇の水分を保つことが、ドライマウスの予防になります。

また、唇の渇きは口角炎などの病気も引き起こす為、毎日のケアは欠かさないようにしましょう。

ストレスを減らす

ストレスを減らすことで、唾液の分泌を整えることができます。
睡眠時間を整えたり、マッサージやストレッチなどで体をリラックスさせるとストレスが軽減されるでしょう。

ストレスが溜っている時は免疫力も低下しています。
加えて、ドライマウスは病気に感染しやすい状態です。

口が渇いて、よく体調を崩す人はストレスが原因かもしれません。

舌をきれいにする

舌を掃除することでドライマウスを防ぐことができます。
歯磨きの時に、軽く舌も磨くだけでも効果はあります。

あまり強くこすると舌に傷をつけてしまう為、注意が必要です。
もし、舌の汚れが気になるようであれば、舌専用の掃除器具を買うことをおススメします。

マスクをする

マスクをすることでドライマウスを防ぐことができます。
乾いた空気を口に入れると、それだけでも乾燥につながってしまいます。

マスクをすることで乾いた空気が口に入るのを防ぐだけでなく、自分の口の水分も外に逃げなくなる為、ドライマウスにならなくなります。

部屋の湿度を保つ

口呼吸でなくても、空気が乾いていればそれだけドライマウスになりやすくなります。
部屋の湿度が低ければ、それだけ体の水分は奪われていきます。

部屋の湿度を保つことが、ドライマウスを防ぐことにつながります。
もし、いくら口の中を潤してもドライマウスが防げないという人は、部屋の湿度が問題かもしれません。

乾いた空気でもウィルスも存在しやすくなります。
その為、部屋の湿度を保つことは、感染症を防ぐことにもつながるのです。

まとめ

いかがでしたか?

日本人の4人に1人がドライマウスに悩まされている言われています。
今大丈夫だという人も、数年後にはドライマウスになってしまうかもしれません。

普段の生活習慣が原因になっていることが多いので、今からでも十分な対策が立てられます。
ドライマウスになってしまったという人も、生活習慣を見直すことで症状が抑えられると思います。

自分でできる対策ができてきたら、歯科医院に行ってしっかり完治しましょう。

 - 健康