自分を変えるために、あなたが今スグできること

癖や悪習慣を直すための情報サイト

ひとりカラオケでストレス発散!!ひとりカラオケの楽しみ方とは!?

      2016/01/22

マイクを持ったら離さない

現代社会はストレスを溜め込んでしまう癖を持つ人が増えていると言われています。
ストレスは万病のもとです。
しかし、誰もがストレス発散法を持っているわけではありません。

今回は、ストレス発散法の中でも最強と言われるひとりカラオケについてまとめてみました。
この記事を読めば、ひとりカラオケがいかにストレス発散に向いているかおわかり頂けると思います。

ひとりカラオケは恥ずかしいものだと思っている人のために
これを読めば誰でもひとりカラオケデビューができます
という記事を書いてみました。

ひとりカラオケに行く自信が持てない人は読んでみてください。

カラオケはストレスの発散に最適

大声を出して、ストレス発散をする

声を出すことがストレスを発散させる

大声を出すことで交感神経が刺激される

交感神経とは、運動している時に活発に働く神経です。
この神経が働いている時は、アドレナリンやノルアドレナリンなどの興奮の作用があります。
大声を出すことで、運動に似た効果がもたらされるということです。

音楽を聴くことで副交感神経が刺激される

聴く音楽にもよりますが、音楽には副交感神経を高める効果があります。
あなたにも音楽を聴くことでリラックスができたという経験があると思います。
バラードなどの音楽を聴くことによりリラックス効果が期待できます。

呼吸をたくさんすることで酸素不足が解消される

緊張した時やイライラした時は、深呼吸でリラックスすることができます。
歌を歌うためにはたくさんの呼吸が必要になります。
歌うための息継ぎがリラックス効果をもたらすのです。

また、たくさんの呼吸は体の細胞を活性化させ、血行も良くなります。
複式呼吸をマスターすることで更なる効果が期待できます。

自分の好きな曲を聴くということは気分を高める

人は、好きな曲を聴くことでテンションが上がります。
カラオケは自分の好きな曲を好きなだけ聴くことができます。(基本的には歌声はありませんが)
そのため、自分の気分を高めることができるのです。
気分を高めるだけでなく、想いでの曲を聴くことで昔を思い出したり、失恋した時に自分の状況にあった歌詞の曲を聴くことで感傷に浸ったりすることができます。
ひとりカラオケはその時の気分にあったもの選ぶことができます。

1人の空間は他人に気を使わなくて良い

カラオケは部屋になっている為、自分の好きなように使うことができます。
靴でソファに乗るなどのマナー違反はよくありませんが、基本的には自分の好きなことができます。
ゲームや本、勉強道具を持って行くこともできます。
カラオケに飽きたら、アンプとテレビの電源を切れば、ただの部屋にだってなります。
行儀よく座っている必要なんてないのです。
スカートを履いていっても、パンツが見えることを気にせずくつろぐことができます。
ひとりカラオケはあなたの第2の家と言っても過言ではないでしょう。

なぜ、ひとりカラオケがいいのか?

カラオケを楽しむ

自分のペースで楽しむことができる

他の誰かとカラオケに行った時には、少なからず相手のことを考えた曲選びをしなければなりません。
その例として、

  • 相手が知っている曲を選ばなければいけない空気
  • ゴリゴリのアニソンやビジュアル系、アイドルの曲を歌えない空気
  • うろ覚えの曲を歌えない空気
  • 難しい曲に挑戦できない空気
  • 最低限は上手く歌わないといけない空気

が、あります。
しかし、ひとりカラオケにはそんなくだらない空気はありません。
自分が好きなタイミングで歌いたい曲を歌うことができるのです。

同じ曲を2度歌ってはいけないという暗黙のルールすら破ることができます。
やべぇ、うまくいかなかったわぁ→繰り返し同じ歌を歌う→やべぇ、うまくいかなかったわぁ→繰り返し同じ歌を歌うの無限ループすら可能です。

それほどお金がかからないわりに時間がつぶせる

ひとりカラオケは昼間に行けば、フリータイムで1000円前後の料金を払うだけで5~8時間ほど時間をつぶすことができます。
しかも、場所によってはドリンク飲み放題付きです。
たいていのカラオケ店はエアコンも完備されています。
下手したら、自分の家にいるよりも快適に過ごせるでしょう。

夜のフリータイムは遅い時間からのところが多いのですが、2,000円~3,000円くらいで朝までいることができます。(高校生までは保護者同伴じゃないと不可)

カラオケをする時だけでなく、曲を聴くことが楽しくなる

カラオケをしている時に楽しいのはもちろんですが、ひとりカラオケはそれだけではありません。
なんと、カラオケを行っていない時に曲を覚えるという楽しさまで生まれます。
休日のために新しい曲を覚える毎日になることでしょう。
次第にあなたの学校生活や仕事は曲を覚えるために行っている場所でしかなくなって来ます。
あなたの生活をひとりカラオケ中心にすることができるのです。

極めなくても楽める

日本人の悪いところとよく言われるところですが、
日本人は趣味を極めたがる傾向にあります。
なので、趣味(本来リラックスをするためのもの)であるにも関わらず、上手くいかないことにイライラするようになってしまうのです。
しかし、ひとりカラオケには上手く歌えたか楽しんだかは自分で決めることができます。(採点厨は別)
よって、ひとりカラオケは極めることなく楽しみ続けることができます。
まさに、ベスト・オブ・趣味と言えるでしょう。

 

ひとりカラオケのコツ

俺は一人だー

フリータイム中、ずっと歌えるようにする

複数人で行く時とペースを変えなければならない

ひとりカラオケ初心者にありがちなのが最初からハイペースで歌い始めてすぐに喉を枯らしてしまうという状況です。
これは、ホントにもったいない
フリータイムをいっぱいいっぱい使わなければ、ひとりカラオケを120%楽しむことはできません。
複数人で行く時は、必ず待ち時間が発生しています。
実は、この『他のやつの歌なんてどうでもいい、俺の曲まだかよ』の時間は喉を休める時間だったんです。
それなりに意味があったんです。
ひとりカラオケでは、どんなに仲の良い友達でも憎いと思ってしまう待ち時間は発生しない為、慣れていない人はペースを考えずに歌ってしまいます。
オススメの対処法は

  • 最初の5曲くらいまでは自分の声質に似たアーティストの曲を選ぶ
  • 序盤は簡単な曲で喉を慣らす
  • 一曲歌ったら、次の曲を歌うまで少し時間を空ける※重要
  • 曲の合間に送信履歴を見て、自分の前に入った人がどんな人なのか予想する
    (慣れると自分の前に入った人がどんな人物像なのかわかるようになります。)

です。

運動する前にも、準備運動をすると思います。
自分の喉が本調子になるまでしっかり温めましょう。

映像がある曲を覚える

なぜ、映像がある曲を覚える必要があるのか?
さすがに5~8時間もひとりで歌っていると飽きます。
映像ありの曲をたくさん覚えることで、自分はひとりじゃないと錯覚することができます。
自分がリア充に近づいてるような感覚さえ感じることができます。

喉に優しい飲み物を選ぶ

飲み物のチョイスは重要になってきます。
基本的には好きな物を好きなだけ飲んで良いのですが、喉に優しい飲み物を覚えておきましょう。

お茶類

お茶類は殺菌作用がある為、歌い始めに飲むと良いでしょう。
よくお茶でうがいをするなんてことを耳にしますが、イメージはそんな感じです。
しかし、お茶の選び方には注意が必要です。
極端に言うと、ざらざらしているお茶はだめです。
(飲むと逆に喉が渇くようなもの)
逆に喉を傷つけることになってしまいます。

ホットの飲み物

ホットの飲み物を飲むことによって声を出す為に使う筋肉を温めることができます。
運動をする時に筋肉を冷やさないようにするのと一緒で筋肉を温めることで筋肉が柔軟になり、動きやすくなるのです。
しかし、先ほどのお茶類と同じようにホットの飲み物はざらざらしたものが多い為、飲み過ぎには注意しましょう。
歌い始めや休憩の時に飲むと良いでしょう。

お茶っぱやティーパックなどで作ったものではない、ホットのお茶や紅茶などが良いでしょう。

声が通らなくなったら食べ物を食べる

長時間歌い続けているとどうしても喉が疲れてきます。
軽く声が枯れてきたかもというタイミングで何か食べると声の通りを少し戻すことができます。
口内を火傷するような熱い食べ物や辛いものなどの刺激物は食べない方が良いでしょう。

自分にあった設定を知る

ひとりカラオケを120%楽しむためには自分に合った設定を知ることが重要です。
カラオケというものは部屋の大きさやスピーカーの位置、性能、大きさ、マイクの性能、カラオケ本体の設定に声の通りや聞こえ方が大きく影響されます。
いつも同じ部屋で歌えるわけではない為、自分が歌いやすい設定をできるようにならなくてはなりません。
歌い手であり、エンジニアでなければならない。ということです。

細かい設定まであるのですが、そこまでいじると様々な環境で歌えなくなってしまいます。
なので、基本的にはマイクの音量、エコーの強さ、ミュージックの音量、をいじるだけで本調子が出せるようになりましょう。
音響のプロが定期的に設定している店舗は稀です。
なので、上に挙げた3つの強さが全部標準設定=最適な設定とは限らないのです。
ひとりカラオケを繰り返すうちに自分にあったマイクとミュージック音量のバランスがわかってくると思います。
まずはそこを目指しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ひとりカラオケがいかにストレス発散に向いているかおわかり頂けたと思います。
それでも、ひとりでカラオケに行くのはどうしても抵抗があるという人の為に

これを読めば誰でもひとりカラオケデビューができます
という記事を書きました。
この記事にはひとりカラオケ初心者の不安を解消するが書かれています。
ひとりカラオケに行きたくても、なかなか行けないという人はぜひ、読んでみてください。

 - 生活