自分を変えるために、あなたが今スグできること

癖や悪習慣を直すための情報サイト

髪が薄くなってきたと感じたら…薬を使わない対処法

   

薄毛で悩む

髪の毛が薄くなってきた時の対処法として、抜け毛を防ぐ髪を太くする髪を生やすというものがあります。
髪を生やす方法は、薬やクリニック代など、お金がどうしてもかかってしまいます。
しかし、抜け毛を防ぐ、髪を太くする、というのはお金を使わなくてもできます。

むしろ、髪の毛を生やす方法をとったとしても、抜け毛を防ぐ、髪の毛を太くするということが徹底できていなければ、効果を最大限に発揮することはできないでしょう。

抜け毛を防ぐ、髪を太くするという2つに焦点をあて、すぐにできる方法をまとめてみました。

ぜひ、試してみてください。

抜け毛を防ぐ

食生活を見直す

まず、初めにやらなくてはならないことは食生活を見直すことです。
1人で簡単にできることなので、調整しやすいと思います。

抜け毛が増える原因に、皮脂の分泌が過剰になっているというものがあります。
この現象は、油っこい食べ物を食べていると起きやすくなります。
皮脂の分泌が多いと毛穴に皮脂が詰まってしまい、それが抜け毛の原因となります。
また、油っこい食べ物は血液をどろどろにしてしまう為、血行も悪くなります。
血行が悪くなれば、それだけ髪の毛に栄養が行かなくなります。

外食や油っこい食べ物を控え、野菜を食事に取り入れるだけで、抜け毛を減らすことができます。

ストレスを無くす

ストレス=ハゲという認識は誰にでもあるのではないでしょうか?
しかし、ストレスがハゲにつながるメカニズムを理解している人はあまりいません。

ストレスを感じると自律神経が乱れ、発汗や興奮状態を招きます。
過度な発汗は、頭皮を不潔な状態にし、毛穴が詰まる原因となります。
また、自律神経が乱れるとしっかりと睡眠がとれず、薄毛を促進させる原因となります。

ストレスによる自律神経の乱れは以上の原因をもたらし、その結果、抜け毛や細毛につながるというわけです。

頭皮を清潔にする

頭を清潔にすることは、抜け毛を防ぐ上で一番重要なことです。
寝ている間に髪の毛は回復する為、寝る前にお風呂に入るのが良いでしょう。

自分にあったシャンプーを使う

自分に合ったシャンプーを探して、使うことは大切なことです。

もし、頭皮にできものができる、かゆみがある、髪の毛のコンディションが悪い、などの症状がある人は、シャンプーが自分に合っていない可能性があります。
すぐに違うシャンプーを検討しましょう。

どのシャンプーが合うのかは、頭皮の状態、髪の洗い方などによって違います。
良いシャンプーに出会えるまで変え続けるしかありません。
美容院に行った時に、相談すれば何かアドバイスがもらえるかと思います。
ぜひ、相談してみてください。

流行りのノンシリコンシャンプーを使う

ノンシリコンシャンプーが髪の毛に良い理由は

  • 毛穴につまりやすいシリコンを使っていない
  • 髪の毛のキューティクルをはがしてしまうシリコンを使っていない
  • 髪に膜を張るシリコンを使わない為、トリートメントなどの効果が上がる

があげられます。

抜け毛が増えている人は、毛穴に汚れが詰まっている可能性があります。
その為、毛穴につまりにくいノンシリコンシャンプーを使うことをおススメします。

質の良い睡眠をとる

睡眠と抜け毛とは、大きく関係しています。
髪の毛も、睡眠時に回復している為、睡眠不足が続くと髪の毛が休まりません。
十分に休まっていない髪の毛は、それだけ貧弱になってしまいます。
しっかりした睡眠をとり、髪の毛を回復させることが抜け毛を防ぐことにつながります。

髪の毛に良いゴールデンタイム

髪の毛に良いとされる時間は、深夜12時~2時頃です。
この時間は、髪の毛を作る細胞が活発になる時間です。
それだけではなく、髪の毛を回復させる成長ホルモンの分泌も活発になります。
その為、薄毛が気になってきたら、ゴールデンタイムに睡眠をとることで回復させることができるでしょう。

今ある髪を太くする

薄毛をチェック

髪の毛を太くするだけで、だいぶ印象が変わります。
もし、今ある髪の毛が倍の太さになったら、それだけで薄毛は気にならなくなるのではないでしょうか?
また、髪の毛を太くするということは、丈夫な髪の毛を作るということです。
丈夫な髪の毛は抜けにくい為、結果、髪の量を増やすことにつながっていきます。

頭皮の血行を良くする

髪の毛を太くする上で、一番重要なことは頭皮の血行を良くすることです。
頭皮の血行が悪ければ、どんなにケアをしていても十分な栄養が髪に行きわたりません。

シャンプーブラシを使う

シャンプーブラシを使うと、簡単に血行を良くすることができます。
しかし、正しいブラシを選び、正しい使い方をしないと、逆に抜け毛の原因になってしまいます。

ブラシの選び方

先端がとがっていないもので、柔らかすぎず、固すぎないものを選ぶ必要があります。

正しい使い方

引っかくように頭皮をこするのではなく、頭皮を動かすことをイメージして円を書くようにマッサージするのが正しい使い方です。

肩こりを無くす

実は、薄毛と肩こりは関係があります。
内臓から髪の毛まで栄養を運ぶのに、肩と首は必ず通らなければなりません。
肩が凝っていると、この栄養を十分に運ぶことができなくなってしまいます。
肩こりを直し血行をよくすることは、頭の先まで栄養を届け、健康な髪を育てる為に必要なことなのです。

頭皮のツボ

首の後ろにある風池というツボは薄毛対策に良いとされるツボです。
位置は、後頭部の頭蓋骨の下あたりにあるくぼみから耳に向かうとまたくぼみがあります。
そのくぼみが風池と呼ばれるツボです。
この左右二か所にある風池をマッサージすることで、頭皮の血行が良くなり、髪の毛が丈夫になるとされています。

頭皮のマッサージ

いくら毎日シャンプーブラシを使って、頭皮をマッサージしていても、頭皮の汚れを取りきることはできません。
その為、定期的に美容院やヘッドスパ専門店で、プロによる頭皮のマッサージを受けることをおススメします。
美容院で髪を切っている人は、その度に頭皮のマッサージを受けると良いでしょう。
だいたい、2~3ヵ月くらいの間隔で十分です。
短時間の1,000円~2,000円くらいのものでも十分な効果があります。

ヘッドスパについてのまとめの記事

まとめ

いかがでしたか?

クリニックや薬に頼る前にまだまだ改善できることがあったのではないでしょうか?

せっかく高いお金を払っても、生活習慣を見直さなければ薄毛を改善する効果は半減してしまいます。

まず、自分の生活習慣を見直すところから始めてみてください。

 - 美容