自分を変えるために、あなたが今スグできること

癖や悪習慣を直すための情報サイト

苦手な同僚と仕事を成功させるには?

      2016/03/05

苦手な同僚

仕事でもプライベートでも、自分の苦手な人というのは必ず存在します。
プライベートでは、その人を避ければ良いだけですが、仕事ではそうもいきません。
仕事の成功は、そんな苦手な人とどう付き合っていくかにかかっていると言っても、過言ではないでしょう。

苦手な人が職場にいて困っている人の為に、苦手な人との付き合い方をまとめてみました。
ぜひ、参考にしてみてください。

自分が嫌いは、相手も嫌い

まず、はじめに知っておかなければならないことは、
自分が苦手に思っている相手には、自分も苦手だと思われていることが多い。ということです。
心理学では、自分が嫌いな人には、いずれ嫌われると言われています。

○を相手に友好的、×を相手に敵対とすると、
○=×や×=○の関係性は時が経てば、○=○か×=×にしかなりません。

自分がうまく立ち回れていると思っていても、自分の知らないうちに表情や態度に出てしまっていることがほとんどです。
そういった反応をされれば、相手も自分と同じようなことを思ってしまいます。

まず、相手にとった行動や言動の中に、改善すべき点はないか探してみましょう。

相手のことを考える

なぜ、苦手なのか知る

相手のことがなぜ苦手なのか知ることで、嫌いな部分認められる部分を分けて見られるようになります。
また、苦手な部分が明確になれば、その部分にいちいち腹を立てたり、自分のペースを乱されたりすることが減っていきます。
言葉は悪いですが、逆に相手を利用することもできるようになってくるでしょう。
相手のどこが苦手なのか知ることが相手との距離を近づける第一歩です。

認められるところを探す

苦手なところがわかったら、今度はその人の中で自分が認められるところを探しましょう。
この人のここがすごいというところが見つかれば、次第に相手を見る目が変わってきます。

自分が敵わない部分を認めることで、仕事も協力しようという気になり、自分の方から歩み寄ることができるでしょう。

仕事上の付き合い方

とことん話し合う

お互いの考え方を知る

理解できない行動や言動にイライラしてしまうという人は、一回お互いの考えを話あってみると良いかもしれません。
相手も自分も何の考えもなく、行動しているわけではありません。
行動は理解できなくても、その行動を起こさせた考えはどういったものなのか聞いてみましょう。
案外、自分と同じ考えを持っているかもしれません。
その場合、手段が違っただけなので、自分の考えを伝えることで協力できるかもしれません。

とことん話合う

お互いの考えは同じでも、わかり合えない場合があります。
むしろ、その方が多いでしょう。
その場合は、なぜその行動に行きついたのか、なぜその考えに至ったのか、かみ砕いてとことん話合うことが必要になります。
そんなことは時間の無駄だと思うかもしれませんが、実は分かり合うことが目的ではありません。
どこが自分と同じで、どこが自分と違うのか、感覚の違いや考え方の違いがどこなのか知ることが重要なのです。

全部はわかり合えない

当然のことながら、全部分かり合うことは不可能です。
しかし、それで良いのです。
全部分かり合えるのなら、最初からお互いが苦手意識を持つことはありません。
お互いの考えの中で、どこが一緒で、どこが違うのかというのが分かれば、協力できるところとそうでないところが明確になってくると思います。
そうすれば、理解できないというイライラはなくなるはずです。

ビジネスパートナーとして見る

当然のことながら、相手はビジネスパートナーである為、プライベートをともにする必要はありません。
その為、仕事上だけ上手くやれれば良いのです。
そういったラインを引くだけで、気持ちがとても楽になるはずです。
大事なことは、仕事を成功させることであって、その人と仲良くなることではありません。
ある程度の付き合いは、ビジネスマナーとして、必要になるとは思いますが、
それも仕事のうちだと思ってわりきるようにしましょう。

苦手な人と上手くやることで得られるもの

今まで触れて来なかった考え方に出会える

苦手な人というのは、自分と考え方、やり方が違う人であることがほとんどです。
自分ではたどり着くことができなかった考えや行動をします。
そのことが、自分の考え方を広げるきっかけになります。
苦手な人と組むからこそ、いろんな考え方や方法が生まれ、組織をより良い結果へ導いてくれるのです。

誰とでもうまく仕事ができるという自信がつく

苦手な人と仕事をすることで、自分に自信をつけることができます。
誰にでも自分の苦手なタイプがいくつかあると思いますが、苦手な人と力を合わせるようになるとそのタイプは攻略できます。
なので、次第に自分が苦手なタイプが減っていきます。
仕事を一緒にできる人が増えていけば、誰とでもうまくやれるという自信をつけることができます。

自分のレベルを上げることができる

相手を認める力があるということは、相手に認めさせる力があると言っても良いでしょう。
苦手な人を認めることができても、今度はその相手に自分を認めてもらわなくてはなりません。
それができるようになれば、誰とでも上手くコミュニケーションを計ることができます。

まとめ

いかがでしたか?

自分の苦手な人と仕事をする上でどうすれば良いかわかって頂けたでしょうか?
嫌いな人を避けたい気持ちは分かりますが、仕事ではそうもいきません。
メンバーの変更ができるわけではないので、どうしてもその人と上手くやっていかなくてはいけないのです。
仕事の時だけでも上手くできるように頑張ってみましょう。
案外、プライベートのことを話合うことで、仲良くなってしまうかもしれません。

 - 仕事