自分を変えるために、あなたが今スグできること

癖や悪習慣を直すための情報サイト

ニキビの原因は顔の洗いすぎ!?正しいスキンケアの仕方とは!?

      2015/12/11

正しいスキンケア

  • せっかくニキビが直っても、また新しいニキビができてしまう。
  • なかなかニキビが直らない。
  • 大事な予定の日に限って肌が荒れてしまう。

そんなことってありますね。

いろんな方法を試してみたけど、なかなか肌のトラブルが収まらない。

そんな人は、洗顔のし過ぎが原因かもしれません。
今回は、正しいスキンケアについて紹介していきます。

間違った洗顔で起きる肌荒れの種類

まず肌荒れの種類について紹介していきます。

ニキビにも種類があって、原因は違うのです。

皮脂ニキビ

皮脂ニキビは皆さんがニキビと聞いてすぐに想像するようなニキビです。

汗をいっぱいかいたり、脂ぎったりしているとできてしまうものです。

運動や季節などで汗をかいてしまうのは仕方ないのですが、
洗顔や間違ったスキンケアが原因で多量に皮脂が分泌されている可能性があります。

排出しきれないほど分泌された皮脂は毛穴に詰まってしまいます。

次第に毛穴が炎症を起こし、ニキビになってしまいます。

乾燥ニキビ

洗顔のし過ぎは、本来あるはずの水分や皮脂を落とし過ぎてしまいます。

そうすると、皮脂膜と呼ばれるバリアがなくなってしまいます。
バリアがなくなった肌は、水分が保てなくなり、顔の乾燥を招きます。
乾燥した肌は、毛穴が細くなっているため、少しの皮脂でも詰まってしまうのです。

次第に毛穴が炎症を起こし、ニキビになってしまいます。

肌カビ

カビと聞くと、驚いてしまうかもしれませんが、誰の肌にもマラセチア菌という菌が生息しています。

マラセチア菌は皮脂を栄養として、繁殖します。
間違った洗顔をすることで肌がデリケートになっているところに、多量の皮脂が分泌され、炎症を起こしてしまいます。

症状は、肌に赤み、ぽつぽつがあり、かゆみがあります。

ニキビケアをしても、ニキビはアクネ菌、肌カビはマラセチア菌と種類が違うため、
いつまで経っても治りません。

肌荒れが治らないと思ったら、調べてみましょう。

洗顔のし過ぎは逆効果!?洗顔のリスクとは!?

洗顔をしすぎることで本来必要な分の皮脂も洗い流してしまいます。

皮脂は、肌に水分を保つこと、肌を守ること、肌を弱酸性にして菌の繁殖を防ぐことの3つの働きをしています。

皮脂や水分がなくなった肌は、傷つきやすくなってしまいます。

また、肌は皮脂が足りていないと判断すると、大量に皮脂を分泌してしまいます。

バリアがなくなった肌に、菌の餌となる皮脂を分泌することで、
アクネ菌やマラセチア菌の繁殖を促してしまうのです。

要するに、肌には適度な皮脂と水分が必要でそのバランスをうまく保つことが本当のスキンケアだということです。

 

正しいスキンケア

1.正しい洗顔をすること

まず、第一に正しい洗顔方法を覚える必要があります。

正しい洗顔方法とは、洗顔料を使わないことです。

実は、お湯だけの洗顔でも汚れや余分な皮脂は十分落とせるのです。

化粧をした後や、たくさん汗をかいた場合は、洗顔料を使うのは仕方ありませんが、
寝る前に洗顔料を使って洗顔をしたら、朝起きた時に洗顔料を使う必要はないのです。

お湯でしっかり、顔の脂を落としましょう。
その後は冷水で洗顔をして、毛穴を引き締めます。
どちらもゴシゴシこする必要はありません。

洗顔料を使う場合は、よく泡立ててから洗顔を始めます。
洗顔は1分ほどで十分です。

それ以上は、肌の皮脂が落ちすぎてしまいますので、やめましょう。

正しい洗顔の方法をしたけど、顔がべたべたする。という人もいると思います。

実は、これこそが今まで洗顔をしすぎていた証拠なのです。

皮脂は落とせば落とすほど、分泌されてしまいます。
今まで落とし過ぎていた為、肌がいつもと同じように皮脂を分泌しているのです。

それでは、いつまで経っても顔が脂ぎったままなのかと心配されるでしょうが、安心してください。

この正しい洗顔を続けていると、2~3日ほどで過剰な皮脂の分泌はなくなります。

2.しっかり水分補給や保湿をすること

正しい洗顔ができたら、今度は水分補給や保湿が必要です。

健康的な肌を保つためには、水分と皮脂のバランスが重要になります。

化粧水も保湿液も自分にあったものを使えば問題ありません。
ただ、しっとりやさっぱりは、季節によって変えましょう。
夏はもちろん、さっぱりを使用する必要があります。

夏は冷房で乾燥するからしっとりの方が良いと言われることもありますが、
しっとりを使った方が汗をかきやすくなり、皮脂の分泌が増えてしまいます。
汗をふき取った肌がエアコンで乾燥してしまったら、肌トラブルがもっとも起きやすい状態になってしまうのです。

冬はしっとりを使いましょう。
乾燥肌の人は、それでも乾燥してしまうかもしれません。

加湿器などで水分を保つようにしましょう。

また、顔の保湿だけしていてもダメです。

体が乾燥していれば、水分を全体に行きわたらせようと、水分があるところから水分を持って行くのは、なんとなく想像できると思います。

なので、乾燥肌の人は、体の保湿も重要になります。

3.顔を常に清潔に保つこと

汗をかいたまま放置しておくと、菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

外出先でも、汗をかいた時には水洗いで余分な皮脂を流しましょう。
この時はお湯を使わなくて大丈夫です。
あくまで、大量に分泌された皮脂を少し落とすだけだからです。

お化粧をしている場合には、水洗いは難しいと思います。

タオルやハンカチを軽く水で濡らし、こすらず、優しく汗を拭きとりましょう。

4.顔に触れるものには気をつかうこと

顔に触れるものに気をつかっていなければ、いくら正しい洗顔や保湿をしても肌は荒れてしまいます。

顔に触れるものとは、具体的には枕カバーやマフラー、マスク、化粧をする時のスポンジなどです。
これらは清潔に保っておかないと菌が繁殖してしまいます。
そして、肌に触れた時に菌が移ってしまうのです。
古い物は捨てる、定期的に洗うなどして常に気を使っておきましょう。

 


 

以上の4つに気を付けていれば、それほど肌のトラブルが起きることはないでしょう。

もし、これをやってもダメなのであれば、4つのどれかのやり方が間違っている可能性があります。

また、偏った食生活や睡眠不足も原因になりますので、注意が必要です。

どうしても、原因がわからなかったり、症状がよくならない場合は、皮膚科で診てもらうことをおススメします。

ニキビができた時の対処法

正し洗顔方法

ニキビができてもいつも通りの正しい洗顔を続ける

ニキビができたからといって、いつもより洗顔を念入りにやる必要はありません。

正しい洗顔をしていても、どうしてもニキビはできてしまいます。

ただ、それは洗顔が原因である可能性は低いです。

なので、洗顔方法を変えたからといって、治るわけではないのです。
いつもより念入りに洗うことで、ニキビがつぶれてしまったらニキビ跡が残る原因にもなりかえません。
ニキビができてしまっても、落ち着いて、いつもの洗顔を続けましょう。

適量の薬をつける

適量のというのがポイントです。

ニキビの薬というのは、べたつくものが多いため、適量でなければ逆効果になってしまいます。

薄く塗る程度で、十分です。

目安は、朝起きた時のお湯と水のみの洗顔で落ち切らなければ、つけすぎだと思ってください。

生活習慣を見直す

睡眠不足や食生活の偏りがニキビの原因になります。

生活習慣を見直すことで、肌の調子が良くなる可能性は高いです。

脂質や糖質の取り過ぎはニキビの原因になると言われています。

チョコレートやピーナッツはよく言われる話です。
アルコールにも糖質が多い物がありますので、気を付けましょう。

睡眠不足が肌に良くないと言われていますが、
単に長い時間睡眠をとれば良いというわけではありません。

肌に関係しているのは、睡眠を始めてから3時間くらいまでだからです。

質の良い睡眠を心がけるようにしましょう。

化粧品やスキンケア用品を見直してみる

化粧品やスキンケア用品が自分にあっていない可能性があります。

どうしても、肌との相性が出てきてしまいます。
もし、肌が荒れるようであれば、使用する物を変えてみましょう。

低刺激の化粧品や、肌に良いと言われている化粧品はたくさんあります。

口コミや自分の肌の特徴などを参考に選びなおしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

スキンケアはいつもやっていることですが、正しい方法でできている人は意外と少ないです。

そして、誰かに習ったりすることでもないので、正しいやり方を知らない人も多くいます。

毎日の積み重ねがきれいな肌を保つことにつながっていきます。

今は大丈夫かもしれませんが、年を重ねるごとにトラブルのリスクは増えてしまいます。
ぜひ、今日から正しいスキンケアを始めて、数年後もきれいな自分でいられるように続けていきましょう。

 - 美容