自分を変えるために、あなたが今スグできること

癖や悪習慣を直すための情報サイト

後悔しないために雪の日に注意すること気をつけたいこと

   

雪の日に注意すること

雪の日に外出しなければいけない人のために注意したいことをまとめました。
ぜひ、参考にしてください。

雪の日に最適な服装

雪の日の靴選び

雪の日はできるだけ滑らない、浸水しない靴を選ぶ必要があります。
スニーカーは浸水しやすく、乾きにくい為選ばないようにしましょう。
一度浸水した靴は臭いがきつくなる可能性があります。
この臭いは一度ついてしまうと取れにくくなります。
もし、浸水してしまった場合はしっかりケアをしましょう。

雪の日はできるだけ滑らない、靴底の溝が深いものを選びましょう。
溝が浅いと雪がつまりやすいため、滑りやすくなってしまいます。
一番のおススメはスノーブーツやマウンテンブーツなどです。
靴底に金具がついていたり、深いギザギザの溝があるため滑りにくいです。
また、靴底が柔らかいゴムでできているものもしっかり路面にくっつくため、すべりにくいです。

普段、ビジネスシューズを履いているスーツの人は上に上げたような靴を履いていくのは難しいとは思います。
どうしても履けないようであれば、安い靴や予備の靴、予備の靴下を持って行くことをおススメします。
雪や悪天候にも強いビジネスシューズも靴屋さんにありますので、これからの為に買ってしまうのも良いかもしれません。

雪の日の服選び

雪の日は撥水性や防水性のあるコートを選ぶようにしましょう。
また、転倒することも考えられますので、帽子や手袋があった方が安全です。
マフラーをすると体温が外に逃げないため、できるだけすることをおススメします。
中にセーターを着ると温かい空気を閉じ込めることができます。

革製品はひび割れや傷み、カビの原因に成る可能性があるので、できるだけ避けましょう。
ウールや綿は塗れると重くなり、乾きにくい為、避けるようにしましょう。
(中に着る場合は別です。)

傘はできるだけ差さないようにしましょう。
基本的には傘を差さずに歩き、服についた雪を落とします。

傘は、風がある時にはバランスを崩しやすくとても危険です。
また、片手がふさがってしまうため、転倒した時に自分を守れなくなってしまいます。
どうしても差したいという人は、骨の数が多い物や折り畳み傘などの突風が吹いた際に裏っ返るものにしましょう。
間違ってもビニール傘などの壊れやすいものは差さないようにしましょう。
すぐに壊れて、お金の無駄になってしまいます。

雪の日の歩き方

歩く場所

屋外を歩く時には、できるだけ滑りやすいところは避けるようにしましょう。
タイルやマンホールなどの金属部分、道路の白線部分は特に滑りやすいため、注意が必要です。
また、道路の方が車が通っているため、雪は解けていますが、
ハンドルが利かなくなった車やタイヤが滑ってしまった車が突っ込んでくる可能性があります。
絶対に歩道内を歩くようにしてください。

雪道の歩き方

小さな歩幅で歩く

大きな歩幅で歩こうとすると重心が大きく動くため、転びやすくなってしまいます。

靴の裏全体をしっかりつけて歩く

足を前に出すときにはできるだけ上から垂直になるように出します。
角度が付くとそれだけ滑りやすくなります。

ゆっくり余裕を持って歩く

ゆっくり余裕を持って歩くことで滑りやすい場所を避けて歩くことができます。
雪が少しでもあれば、小走りであっても滑るため注意が必要です。

周りを見て歩く

自分が気を付けていても、コントロールができなくなった車や自転車が突っ込んでくる可能性があります。
できるだけそういった危険に早く気付けるように周りをよく見て歩くようにしてください。

雪の日に乗ってはいけない乗り物

雪の日の車は危険

自転車やバイクなどの二輪車

自転車やバイクなどの二輪車は雪にハンドルがとられてしまうことがかなり多くなります。
また、二輪車はブレーキをかけたときにバランスを崩しやすくなり、転倒の危険が出てきます。
特にバイクはマンホールなどが雪に埋もれて見えなくなっているため危険です。
マンホールは十字路にも存在しているため、道を曲がるときには特に注意が必要になります。

自動車

自動車は二輪車と違い、転倒することは滅多にありません。
しかし、重量があるため、ハンドルが利かなくなった時やブレーキが利かなくなった時になかなか止まれなくなってしまいます。
また、一度止まってしまうと自分1人の力では動かすことができません。
雪国でも走れる車種や四駆車でない限り、できるだけ乗らないようにしたいです。

雪の日の路面

それでも車に乗らなくてはならない人はたくさんいると思います。
そんな人の為に運転する上で危険な場所をまとめてみました。

橋の上

橋の上は川の水分が冷やされるため、道路が凍結しやすくなっています。
まっすぐの場合が多いですがタイヤが滑る危険性があるため、速度はしっかり落とす必要があります。

トンネルの中

トンネルの入り口や出口は温度差がある為、道路が凍結しやすくなっています。
また、トンネル内は暗く見通しが悪い場所が多いです。
曲がり角に車が止まっている可能性もありますので、注意が必要です。

坂道

くだりの坂道ではブレーキが利かなくなり、追突の可能性があります。
さらに、上りの坂道ではタイヤがスリップしてしまい、車が動かなくなってしまう可能性があります。
できるだけ坂道を避けるように道を選ぶようにしましょう。

雪の日のアフターケア

体調を管理する

雪の日は室内の空調が強くなっている可能性が高くなります。
厚着をして外出した場合は、しっかり室内で調節できるようにしましょう。
また、厚着をし過ぎて汗をかいてしまった場合は、目的地に着いたら汗を拭きとるようにしましょう。
汗をかいてそのままにしていると体温が下がり、体調を崩しやすくなってしまいます。
気温が低く、雪が降っている日は乾燥していることが多くなります。
乾燥した空気は、菌が蔓延しやすいため、手洗いうがいをしっかりしましょう。

洋服や靴のケアをする

洋服に雪がついた場合は、室内に入る前にしっかり落とすようにします。
放っておくと、雪が解けて濡れてしまう為です。
服はハンガーにかけ、次に切る時に濡れていることのないようにしましょう。
靴が濡れてしまった場合は、新聞紙などのよく水を吸うものを詰め、早く乾くようにします。
乾くのが遅くなるほど、菌が繁殖しやすく、臭いの原因になってしまいます。
ストーブやドライヤーで乾かすのも良いですが、接着剤や素材が解けないように温度調節が必要です。

革の手袋やコートを着ていった場合は、しっかり水分をとるようにしましょう。
ひび割れや変色の原因になってしまいます。
外出の前に防水スプレーをかけておくことをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?
雪の日はとても危険なことがわかって頂けたと思います。
外出しないで済む人はできるだけ外出は控えましょう。
しかし、仕事や学校がある人はそうもいかないと思います。
できるだけ公共の乗り物を使い、時間には余裕を持って出勤・通学をするようにしてください。

 - 生活